スポンサードリンク
   


紅葉の2015年の予想は、何時ぐらいでしょう。京都花灯路


さて、紅葉の2013年の予想は、何時ぐらいでしょう。

紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある明治の森箕面国定公園内に瀧安寺や西江寺
があります。
関西随一の秋の紅葉の名所です。荘厳な箕面大滝と紅く燃えるもみじの織りなす姿は最高です。
箕面の紅葉の見頃は例年11月中旬から12月初旬頃です。

箕面観光ホテルと箕面スパーガーデン

阪急箕面駅を降りて、観光案内所で無料のパンフレット・無料をもらい、お土産屋さんで、もみじ饅頭を
たべながら歩き、
西江寺を観光し、箕面観光ホテルや箕面スパーガーデンで秋の紅葉を見ながら天然温泉に入り、
一の橋の近くの橋本亭でカフェを飲み、あきあかね色にそまる滝道をあるきながら
箕面公園昆虫館によります。

そして、紅く燃える紅葉の滝道を歩きつずけると、次は瀧安寺で一服です。
箕面の大滝まで、あと少し、歩くと、唐人戻岩まで徒歩約35分です。
あと、10分ぐらいで箕面大滝です。駅前から大滝まで徒歩約45分から50分ぐらいです。

さて、箕面大滝は、大都市近郊にありながら、自然の宝庫として、四季を通じて多くの観光客で賑わう明治の森箕面国定公園の紅葉と大滝の美しさは人々を魅了し続けています。
日本の滝百選に選ばれた落差33メートルの大滝で岸壁から水が一気に流れ落ちる様子は
とても壮大で水しぶきに陽があたり虹がきれいな箕面の滝です。
その流れ落ちる滝の姿が、農具の<箕>に似ていることから、箕面大滝と呼ばれるようになり、
地名の由来もここから来ていると言われています。
この滝は四季折々に応じて美しく変化しますが、特に秋は燃えたつ紅葉に、滝の音が冴えわたり、秋涼爽快、我を忘れるほどの凄さです。

また、大滝周辺には美しい自然が広がり、特に秋は燃え立つような真っ赤な紅葉が、より滝を美しく引き立てています。森箕面国定公園内にあるので売店以外の滝道散策は無料です。
また、大滝周辺は、7月中旬から9月初旬まで、日没から夜10時までライトアップさて紅葉と滝の
風景は最高です。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉で有名な寺社は瀧安寺にあり!2015京都花灯路


紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある瀧安寺です。
本堂の弁財天は水の神格で自然界の一神として水辺に祀られます。瀧安寺の弁財天は竹生島、江ノ島、厳島とともに四弁財天の一として知られ60年に一度開帳されます。

わたしも、いつか忘れましたが秋あかね色に染まるころ一度ご開帳に、偶然出会いました。ラッキー(笑)
もう、次回の60年に一度の開帳に出会うことはないでしょう。
この弁財天さんとの出会いが、あまり知られていない、のちのマイ都市伝説パワースポット
紅葉色に染まる高野山七弁財天に出会うきっかけになります。
高野山七弁財天はまた、別の機会に書きます。

さて、そんな秋あかね色に染まる瀧安寺は、現在の宝くじの起源である箕面山瀧安寺の富くじ、箕面富
があります。

箕面の瀧安寺のライトアップ

鎌倉時代に編集の夫木集にある藤原兼隆の歌を読むと、約950年前にはすでにその実があったとされます。
箕面富には身体健勝、家内安全、そして商売繁盛に強いご利益があり、福富とも呼ばれるほど、
その名声は広く響き渡って、非常にありがたいものとして多くの人々の求めるところとなっていそうです。
そして、
紅葉で有名な辨財天秋まつり箕面富は、古来より、身体健勝・商売繁盛に強いご利益があると世に知られた箕面富が、昨秋、古式に則り復活しています。毎年10月10日に辨財天秋祭り箕面富が行われています。
今年は、2012年10月10日水曜日に午前11時より開始で、午前9時より販売開始です。
紅葉色に染まる瀧安寺にてミニ大福守を1,000円で購入の方のみ無料で参加できます。

また、紅葉祭り、もみじまつり2013年11月1日〜11月30日、瀧安寺採灯大護摩供 2013年11月7日で問合せ先は箕面交通・観光案内所072-723-1885です。
宝くじの起源・瀧安寺の箕面富(みのおのとみ)は2012年10月10日で問合せ先は箕面富実行委員会事務局は箕面FMまちそだて(株)で問合せ先は072-724-5151です。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉で有名な大阪の寺は?2015京都花灯路


紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある西江寺を訪れる。

大阪は箕面にある聖天宮西江寺(しょうてんぐう さいこうじ)は、役行者によって建立された大聖歓喜天霊場の根本道場です。
大黒天は阪急沿線「西国七福神」の一尊でもあります。境内では新緑のもみじ、秋の紅葉を楽しむことができ、冬は椿が美しい場所です。

紅葉を眺めながら電車を利用場合はJR大阪駅から阪急梅田駅へ徒歩で3分歩き阪急梅田駅から約30分阪急電車に乗り、阪急梅田駅(宝塚線急行)→石橋駅(箕面線)→箕面駅→箕面駅下車し徒歩5分のところにあります。
車の場合は、171号線牧落交差点を北へ約1キロです。

大黒天は古代インドではマハーカーラという暗黒に住み死を司る神で、現在の福々しい姿とはずいぶんと異なるものでした。仏教が伝わった時に神道の国造りの神である大国主命(おおくにぬしのみこと)と習合され、その後少しずつ変貌して古い時代には戦闘神、そして台所の神として信仰されています。
紅葉で有名な西江寺に祀られる大黒天は室町時代中期の作と伝えられ、頭に鳥帽子を冠して左肩に大袋を背負い右手に打ち出の小槌を持つ姿で、日本ではめずらしい立像大黒天です。阪急沿線「西国七福神」の一尊でもあります。

箕面の西江寺

西国七福神とは1.萩の寺(毘沙門天):曽根駅 2.円満寺(福禄寿):蛍池駅3. 呉服神社(恵比寿):池田駅4. 中山観音(寿老人):中山駅5.清荒神(布袋尊):清荒神駅6.西江寺(大黒天):箕面駅
7.瀧安寺(弁財天):箕面駅のことです。

さて、時折、阪急沿線西国七福神 福めぐり巡礼ウオークなど、西国七福神大福帳を上記社寺、および阪急梅田駅(3階西)、豊中駅、川西能勢口駅の各ごあんないカウンターで購入して各社寺にて参拝印(朱印料各300円)を受け、その場で「ミニ七福神人形」を無料でもらい、全部集めて阪急梅田駅(3階西)、豊中駅、川西能勢口駅の各ごあんないカウンターに行き、ミニチュア電車を無料でもらえます。
紅葉で有名な寺社をハイキングするのもいいです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉で有名な西江寺の近くの橋本亭を訪れる。2015京都花灯路


紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある西江寺の近くの橋本亭を訪れる。

アクセスは阪急梅田駅から約25分、「箕面駅」から瀧道徒歩5分です。
また、車では、171号線牧落交差点から北へで5分 です。
車で行く時は、箕面駅前第1駐車場を利用すると便利です。
駐車料金は30分100円で利用時間は7:30時から22:30時です。
泊まりの時は、紅葉で有名な箕面観光ホテルの駐車場は無料です。

さて、紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある西江寺の近くの橋本亭は
滝道にある一の橋のたもとに明治43年に建てられた旅館で、
後継者難や建物の老朽化により閉鎖されていましたが、2004年11月に
まちづくり拠点としてリニューアルされ、箕面FMまちそだて株式会社が企画・運営しています。

箕面にある西江寺の近くの橋本亭

紅葉で有名な箕面の橋本亭の1階は店舗とギャラリー、2階には大小貸室があり、
新たな観光スポットとして多くの方に親しまれています。
蛍が光る川は、新緑や紅葉など四季折々の景色を楽しんで過ごせます。
橋本亭のカフェは自然の中のロケーションカフェで箕面川のせせらぎを聞きながら、
挽きたてのおいしいコーヒーが飲め、窓辺からは秋の紅葉の風景を楽しんでくつろげます。

コーヒーには焙煎した豆の鮮度が大切でここの豆は軽井沢で焙煎したての新鮮なコーヒー豆を使用しています。
欠点豆を一粒一粒丁寧にハンドピックで取り除き、ムラのない焙煎をしてあり、注文をしてから豆を挽き、丁寧にハンドドリップで淹れています。

また、紅葉で有名な箕面の橋本亭のギャラリー明治の森では、時節ごとに、現代美術作家や芸術家などの個展が開催されています。割引情報は入場無料です。
また、橋本亭の清流の間では、時折、素人寄席などあり、入場無料です。

また、ライブやイベントをなども開催されています。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉で有名な関西の名所めぐりは2015京都花灯路


紅葉で有名な箕面公園の名所めぐりです。
さて、箕面駅前に観光案内所でガイドマップなどがあります。もちろん、無料です。

・箕面大滝入り口のお土産屋さん、紅葉のてんぷらや紅葉饅頭など色々なお土産屋さんがあります。
・西江寺は駅より歩いて5分です。大阪府箕面にある聖天宮西江寺(しょうてんぐう さいこうじ)は、役行者によって建立された大聖歓喜天霊場の根本道場です。
大黒天は阪急沿線「西国七福神」の一尊でもあります。境内では新緑のもみじ、秋の紅葉を楽しむことができ、冬は椿が美しい場所です。
・箕面観光ホテル及び箕面スパーガーデンは色々な天然温泉があります。駅より歩いて約5分です。

箕面スパーガーデンの夜景

・橋本亭は駅より歩いて約5分で瀧道一の橋のたもとに明治43年に建てられた旅館で新緑や紅葉、蛍が光る川など四季折々の景色を楽めます。
・箕面公園昆虫館は緑豊かな箕面には、多くの種類の昆虫が生息し、昆虫の宝庫として知られています。
入館料は大人 270円 中学生以下無料です。紅葉の滝道を歩いて約15分です。
・瀧安寺は滝道を歩いて約15分です。
本堂の弁財天は水の神格で自然界の一神として水辺に祀られます。
瀧安寺の弁財天は竹生島、江ノ島、厳島とともに四弁財天の一として知られ60年に一度開帳されます。
また財福、知恵、音楽、弁才の神として信仰を集め秋の紅葉のお参りもいいですね。
・唐人戻り岩は、箕面大滝手前400mのところにある2つの大きな岩です。昔、滝を見ようとカゴでここまで来た中国の使節が、険しい山道に恐れをなして、逃げ帰ったという伝説があります。
・箕面大滝は、水しぶきに夕日があたり虹がきれいな箕面の滝で、箕面公園は紅葉の名所でもあり、秋には特に多くの人で賑わうスポットです。

とりあえず、割引情報などを、無料の箕面駅前にある観光案内所でガイドマップなどを入手して
紅葉の滝道を散策して色々な楽しみかたがあります。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。