スポンサードリンク
   


京都の紅葉のライトアップは2015いつ貴船もみじ灯篭?京都花灯路


さて、京都の紅葉のライトアップの貴船もみじ灯篭にいくアクセスは、
JR東海道線 ・JR新幹線でいく場合は、
JR京都駅→JR奈良線→ 京阪電車→叡山電車→京都バス→貴船
JR京都駅からJR奈良線に乗り換えます。
1.JR奈良線(普通電車)に乗り換え次の駅「東福寺」駅下車です。
約3分/140円
2.すぐ隣の京阪電車「東福寺」駅から出町柳行にて「出町柳」駅下車です。
約12分/260円
3.叡山電鉄「出町柳」駅から鞍馬行きにて「貴船口」駅下車です。
約27分/410円
4.京都バス「貴船口駅前」から貴船行きに乗り換え「貴船」臨時バス停下車です。
約4分/160円
京都の紅葉のライトアップ貴船もみじ灯篭到着です。

JR京都駅前からバスに乗り換えでいく場合は、
JR京都駅→バス→叡山電車→京都バス→貴船
1.烏丸出口からバスに乗り換えです。
京都市バスの場合、(バスA2のりば)から
4系統[深泥池・上賀茂神社]ゆきまたは17系統[銀閣寺・錦林車庫]ゆきにて「出町柳駅前」下車です。
京都バスの場合、(バスA3のりば)から
17系統[大原]ゆきにて「出町柳駅」下車です。
約25分/220円
2.叡山電鉄「出町柳」駅から鞍馬行きにて「貴船口」駅下車です。
約27分/410円
京都の紅葉のライトアップ貴船もみじ灯篭到着です。

阪急電車ででいく場合は、
阪急電車(河原町駅)→京阪電車→叡山電車→京都バス→貴船
1.阪急電車「河原町」駅下車。電車の進行方向一番奥の出口から地上へでます。
2.鴨川(四条大橋)を渡ってすぐの京阪電車「祇園四条」駅から出町柳行にて「出町柳」駅下車です。
約8分/210円
3.叡山電鉄「出町柳」駅から鞍馬行きにて「貴船口」駅下車です。
約27分/410円
4.京都バス「貴船口駅前」から貴船行きに乗り換え「貴船」臨時バス停下車です。
約4分/160円
京都の紅葉のライトアップ貴船もみじ灯篭到着です。


まず、叡山電車の車窓から眺める紅葉のライトアップは、市原駅から〜二ノ瀬駅間は、
「もみじのトンネル」でとても幻想的な世界です。
11月10日(土)〜11月30日(金)、期間中はこの名所をライトアップします。

また、もみじのトンネルを通過する際には、車内灯が消え、
ゆっくり走行します。21時頃までです。
この他にも、二ノ瀬駅や貴船口駅のもみじもライトアップします。
車窓から眺める幻想的な紅葉のライトアップをお楽しみ下さい。
もみじのトンネル
また、貴船神社の本宮や結社や奥宮の境内では紅葉をライトアップしています。
境内を淡い光に照らされて彩る紅葉が、社殿と共に浮かび上がり別世界にいざないます。
奥宮までの参道は「恋の道」とも呼ばれています。
もみじが誘う、縁結びの恋の道は、デートカップルにはいいです。

期間中の土、日、祝日を中心に貴船神社などでライブイベントが行われいます。
貴船神社の近くには、食事などできるお店も多くあります。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、貴船もみじ灯篭ライトアップ2012の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月10日(土)〜11月30日(金)です。

拝観料金は、無料で参拝自由です。
紅葉のライトアップは、夕ぐれごろ、から午後9時ごろまでです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ雲龍院?京都花灯路


さて、京都の紅葉のライトアップの雲龍院にいくアクセスは、
京都駅の八条口から、タクシーで約5分で到着です。
京都駅の烏丸口から、京都市バス208号系統で泉涌寺道バス停で下車して
徒歩約10分到着です。
JR奈良線の東福寺駅で下車してから徒歩13分で到着です。
京阪電車で七条駅から京都市バス208号系統で泉涌寺道バス停で下車して
徒歩約10分到着です。
京阪電車で四条駅から京都市バス207号系統で泉涌寺道バス停で下車して
徒歩約10分到着です。
京阪電車で東福寺駅から京都市バス、東福寺バス停より202号系統・207号系統・208号系統で
乗車し、次の泉涌寺道バス停で下車して徒歩約数分到着です。
車の場合は、国道1号東山五条交差点を南へ、
東山通りの泉涌寺道交差点を左折し九条通りから東山通りへ、
泉涌寺道交差点を右折すると雲龍院です。
駐車スペースが少ないので公共交通機関がおすすめです。

まず、秋の京都の紅葉のライトアップ期間が短いので早めに検討されたほうがいいです。
期間は、2013年11月17日(土)〜11月25日(日)です。
Flower1-007.jpg
そして、京都東山にある雲龍院の玄関正面の雲龍図は、圧巻です。
美しい紅葉と相まって昼間とは全く違う風情を醸し出しています。
雲龍図の右手の部屋からの眺めるライトアップで映し出された京都の紅葉は、幻想的です。
本堂裏の坪庭の灯りもとても、雰囲気があります。
本殿前の勅使門や本堂、龍華殿の回路や客殿前の庭園は、秋の紅葉など
幻想的な光景が見られます。

また、報道ステーションの中継があるぐらい、秋の京都の紅葉のライトアップの名勝の
1つとして雲龍院はあきあかね色の紅葉は、デートスポットです。
人の少ない時は、ゆ〜っくりと散策でき、雰囲気を味わえます。

また、泉涌寺境内から続く行灯の路を歩いていきまと、
暗闇の中で、行灯の明りが心強い道標になってくれます。
灯りの路の先に雲龍院が見えてきて、行灯が続く参道を歩き境内に入ります。
泉涌寺のライトアップと合わせ、雲龍院のライトアップも行われています。
昼間とはうってかわって荘厳な雰囲気に包まれています。
行灯の列の奥に雲龍院の本堂が淡い光に照らされています。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、雲龍院ライトアップ2012の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月17日(土)〜11月25日(日)です。
開所時間は、午後6時〜午後8時30分で受付終了です。閉門は、午後9時です。
夜間拝観料金は、500円です。
また、秋の特別拝観の
期間は、2013年11月17日(土)〜12月9日(日)です。
開所時間は、午前9時〜午後4時30分で受付終了です。閉門は、午後5時です。
拝観料金は、500円です。
おぶけ茶席は、1,000円 お抹茶は、500円です。
なお、雲龍院境内拝観は本山泉涌寺拝観料とは別料金になります。

posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ大覚寺?京都花灯路


京都の紅葉のライトアップの大覚寺にいくアクセスは、
阪急嵐山線に乗り、嵐山駅で下車して徒歩約35分で大覚寺に到着です。
または、嵐電に乗り、嵐山駅で下車して徒歩約23分で旧嵯峨御所、大覚寺に到着です。
嵐電に乗り、嵐電嵯峨駅で下車して徒歩約約20分で大覚寺に到着です。
JR京都駅からJR山陰本線に乗り、嵯峨嵐山駅の出入口2より下車して徒歩約17分で大覚寺に到着です。

まず、車での、大覚寺にいくには、夜間ライトアップの期間中は駐車場が十分にないので
電車やバスを利用するほうがいいです。
そこで、京阪電車の嵐山・東山1dayチケットがおトクなチケットでアクセスできます。
秋の京都の人気観光地スポットをお得に散策できる電車が旅できます。
有効区間は、下記です。
京阪電車は、乗車駅〜伏見稲荷駅の往復です。
伏見稲荷駅〜出町柳駅は乗り降り自由です。
阪急電鉄は、河原町駅〜桂駅〜嵐山駅は乗り降り自由です。
嵐電は、嵐山本線、北野線、全線、乗り降り自由です。
京阪・阪急・嵐電の指定区間が1日中乗り放題で嵐山・東山1dayチケットがあれば、
例えば夕方から嵐山エリアを満喫して、午前中からお昼までは京都東山エリアに移動して
京都の紅葉のライトアップを楽しむこともできます。

京都の紅葉のライトアップの大覚寺は、真紅の水鏡、夜間特別拝観があります。
風が穏やかな、鏡のようになった大沢池に風景が映りこみ、
吸い込まれてしまいそうな、たいへん幻想的な光景が見られます。
大覚寺のライトアップ
通常の拝観コースはフェンスがしてあって入れなくしてあります。受付は大沢池の入口にあります。
そして、放生池より心経宝塔を望みます。
放生池に映る心経宝塔が素敵です。ここではカメラ撮る人が多いです。
道幅が狭いので、カメラの三脚は、土・日・祝は三脚禁止と立て看板があります。
少し進めば天神島に通ずる朱塗りの橋があります。天神島には行けません、フェンスがあります。
京都の紅葉のライトアップの並木を、少し進むと、名古曽の滝から大沢池西岸へ行き、
そこから大沢池よりライトアップされた心経宝塔もいいです。
大覚寺の夜間拝観に行った際には、特別に開いている本堂へ行くのもおすすめです。

大覚寺の境内は紅葉が見ごろで、楓のトンネルも色づいています。
回廊が迷路のように続き、五大堂・御影堂・宸殿などの拝観も、
夜ならではの王朝の雰囲気が増すように感じます。
なお、この小刻みに曲がる大覚寺の廊下は村雨の廊下と呼ばれ、床の曲がりを稲妻にしたて、
柱を降る雨に見立てています。

さて、京都の大覚寺のライトアップは、鏡のような大沢池に映りこむライトアップ風景には、
吸い込まれそうになります。
それもそのはずです。大覚寺の方によると毎年一人は落ちる方がいらっしゃるようです。
フェンスがありませんので、写真撮影などに夢中になっていると、
確かに落ちてしまいそうです。
もしかして、昔の人も見られたとすれば、そこに神秘的なものを感じたに違いないことでしょう。.
でも、それほどに美しい京都の紅葉のライトアップの大覚寺です。
暗がりを足元のライトが照らしています。
こうしたライトアップは今の人々だから見ることができるのです。
秋の満月の輝く風の穏やか月夜には、同じような光景を昔の人も見ることができたのかと、
想像が膨らみ縁の時代えといざないます。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、大覚寺ライトアップ2013の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月9日(金)〜2012年12月9日(日)まで
開所時間は、午後5時30分〜午後8時30分で午後8時受付終了です。
拝観は、昼夜入替制です。
拝観料金は、大人500円で小中高生は300円です。
通常の拝観料に含む(拝観料 大人500円・小中高生300円)

京都の大覚寺の近くの観光スポットは、法輪寺、天龍寺、嵐山渡月橋、大河内山荘、
常寂光寺、嵐山落柿舎、二尊院、滝口寺、祇王寺、化野念仏寺、清涼寺、
宝筺院、直指庵、鈴虫寺、広沢池、千代の古道などがあります。

秋の京都の紅葉のライトアップの名勝の1つとして大覚寺は
あきあかね色の紅葉は、人気のデートスポットです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ天得院?京都花灯路


京都の紅葉のライトアップの天得院にいくアクセスは、
JR奈良線に乗り、東福寺駅で下車して徒歩約7分で天得院に到着です。
または、京阪本線に乗り、東福寺駅で下車して徒歩約7分で天得院に到着です。
京都市バスで東福寺バス停で下車、して徒歩約5分で天得院に到着です。

東福寺の敷地内にあるお寺で、桔梗の花でよく知られています。
桔梗の庭で知られる天得院は、初夏と紅葉の頃にだけ公開されるお寺です。

東福寺の隠れた人気デートスポットの天得院で、特別拝観が行われます。
桃山時代の作庭とされる美しい紅葉と、杉苔に覆われた枯山水庭園の緑との
コントラストで京都の秋の紅葉の景観が楽しめます。
秋の夜には、庭園が照明でライトアップされ、東福寺参道もライトアップの照明で紅葉が映し出されます。
11月初めにはツワブキの花を愛でながら、精進料理も味わえます。

天得院は東福寺塔頭の寺院です。
まず、東福寺天得院は京都の紅葉の時期にはライトアップがあるのですが、
昼夜の入れ替えがないのです。
明るい時間の天得院と紅葉のライトアップの天得院の両方が楽しめ、
ゆっくりと休憩するという感じです。

秋は紅葉を愛でる特別拝観が行われ、ライトアップも行われます。
天得院のライトアップ
まず、臥雲橋に立ってみます。暗闇の中でじっと眺めていたら、
月灯りの下でかすかに通天橋と広がる紅葉を見ることができます。
書院前には、桃山時代に作られた枯山水の庭園が広がっています。

庭園には、杉苔に覆われ、初夏は桔梗が咲き誇り、秋は紅葉に彩られています。
受付をして書院に上がると、ライトアップされた幻想的な風景が飛び込んできます。
秋の晴れた夜空にはちょうどお月様が見えます。

書院の廊下の奥を見ると、釣り鐘型の風情ある花頭窓があります。
その花頭窓の向こうにある西庭の切り取った秋の紅葉のライトアップされた風景が見えます。
そして、石灯籠が、降りかかるもみじに彩られています。
秋の風情ある光景に、訪れた皆さんがこの窓の前で記念撮影をされます。

そして、西庭の見える縁側に出ると、緑の杉苔の上の石灯籠と紅葉のコントラストが
美しく漂います。
また、南庭を眺めますと、紅葉と山茶花に彩られた庭園が優しい灯りに照らされています。

そんな、静かな時間の中で、閑雅な風情の苔庭を彩る紅葉を愛でることができましす。
京都の紅葉のライトアップの夜は静かな雰囲気が味わえます。
闇に浮かぶ燃えるような紅葉を、愛でてみてはいかがでしょう。

この、天得院は4月は緑の御衣黄桜とキリシマツツジ、5月はさつき、
6月から7月と10月から11月には桔梗、7月と9月に二度咲きの萩、
9月には白の彼岸花、11月には紅葉とツワブキを楽しめると、
いただいたしおりに書いてあります。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、天得院ライトアップ2013の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月16日(金)〜2013年12月9日(日)で
開所時間は、10時〜21時で20時30分受付終了です。
京都の紅葉のライトアップは日没後です。
拝観料は、大人(高校生以上)500円 小人300円(中・高生) 小学生以下無料です。
紅葉膳3,000円は、昼の11時〜14時のみで要予約です。
お抹茶は500円で昼夜終日で、お菓子付です。

天得院の近くの観光スポットは、芬陀院、東福寺、霊雲院、正覚庵、
光明院、勝林寺、雲龍院、即成院、泉涌寺、新熊野神社、今熊野観音寺などがあります。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ清水寺?京都花灯路


京都の紅葉のライトアップの清水寺にいくアクセスは、
JR京都駅から京都市バス206系統を東山通北大路バスターミナルゆき、
100系統で清水寺、祇園、銀閣寺ゆきで五条坂バス停で下車して徒歩約10分で清水寺に到着です。
また、JR京都駅から京都バスは土・休日のみ運行してます。
18系統で大原ゆきで東山五条バス停で下車して徒歩約10分で清水寺に到着です。
清水寺のライトアップ
阪急電鉄の河原町駅から京都市バス207系統で東福寺、九条車庫ゆきで清水道
バス停で下車して徒歩約10分で清水寺に到着です。
阪急電鉄の河原町駅から京阪バス83・85・87・88・88系統などで、清水道バス停または
五条坂バス停で下車して徒歩約10分で清水寺に到着です。
京阪電鉄の祇園四条駅から京都市バス207系統で東福寺、九条車庫ゆきで清水道
バス停で下車して徒歩約10分で京都の紅葉のライトアップの清水寺に到着です。
京阪電鉄の祇園四条駅から京阪バス83・85・87・88・88系統などで、清水道バス停または
五条坂バス停で下車して徒歩約10分で清水寺に到着です。

京阪電鉄の清水五条駅から徒歩約25分で清水寺に到着です。
京阪電鉄の七条駅から京都市バス206系統で東山通北大路バスターミナルゆき、
または、京都市バス100系統で清水寺祇園銀閣寺ゆきで五条坂バス停で
下車して徒歩約10分で京都の紅葉のライトアップの清水寺に到着です。

また、車での、清水寺にいくには、夜間ライトアップの期間中は駐車場が十分にないので
電車やバスを利用するほうがいいです。
そこで、京阪電車の嵐山・東山1dayチケットがおトクなチケットでアクセスできます。
秋の京都の人気観光地スポットをお得に散策できる電車が旅できます。
京阪・阪急・嵐電の指定区間が1日中乗り放題で嵐山・東山1dayチケットがあれば、
例えば夕方から京都東山エリアを満喫して、午前中からお昼までは嵐山に移動して
京都の紅葉のライトアップを楽しむこともできます。

そんな、京都の秋の紅葉の魅力を楽しむ一日を過ごすことができます。
大人1人、1000円から1300円で指定区間が一日乗り放題です。

京都の紅葉のライトアップの清水寺の幻想的な雰囲気のなか拝観できます。
清水寺から夜空に向かって放たれる青い一筋の光は、とても幻想なデートスポットです。
京都市街からも美しい光景が望めます。
見どころは、秋になると、本堂崖下の音羽川流域の渓谷・錦雲渓の紅葉の壮観さは、
北山の高雄と双璧で新高雄とも呼ばれます。
清水の舞台からは京都のまちが一望でき、錦雲渓の沿いのかえでが楽しめます。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、清水寺ライトアップ2012の夜間特別拝観の
期間は、2012年11月10日(土)から2012年12月2日(日)です。
拝観時間は18時30分〜21時30分で受付終了です。
拝観料は大人、400円で小学生と中学生は200円です。

秋の京都の紅葉のライトアップの名勝の1つとして清水寺は
あきあかね色の紅葉は、デートスポットです。

清水寺の近くの観光スポットは、地主神社、産寧坂、霊山歴史館、京都霊山護国神社、
二寧坂、八坂の塔、霊山観音、高台寺、将軍塚大日堂、圓徳院、大谷祖廟、長楽寺、
新日吉神宮、大雲院、若宮八幡宮社、六道珍皇寺、妙法院などがあります。

秋の京都の紅葉のライトアップが楽しめます。

posted by bibirion at | 京都の紅葉のライトアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。