スポンサードリンク
   


京都の紅葉のライトアップは2015いつ圓徳院?京都花灯路


圓徳院は、阪急京都線、河原町駅を下車して四条大橋を歩き
八坂神社を右折し徒歩数分で高台寺の向かいにあります。
清水寺から15分、円山公園から5分ぐらいです。
また、京阪四条駅を下車しても行けます。
京都の紅葉の花見小路なども歩きながら行くのもいい感じです。

車で行く場合は、駐車場は高台寺駐車場を利用します。
高台寺と共通拝観券の時は2時間駐車無料です。
圓徳院のみ拝観の場合は1時間駐車無料です。
京都の紅葉の季節のドライブもいいです。
圓徳院のライトアップ
圓徳院は、豊臣秀吉公の妻、北政所ねねさまの最期の場所です。
その由来は、豊臣秀吉公の没後、その妻北政所ねねは高台院の号を勅賜されたのを機縁に
高台寺建立を発願し、慶長10(1605)年、秀吉公との思い出深い伏見城の
化粧御殿とその前庭を山内に移築して移り住んだそうです。
さて、京都の紅葉のライトアップのお寺の1つとして圓徳院は有名で、デートコースとしては最高です。

昔は、茶人、歌人、画家、大名、禅僧、陶芸家など多くの文化人も、
北政所を慕って訪れたと言われています。
ねね58歳の時のことで、これが今日の圓徳院の起こりです。
ねねは77歳で没するまで約19年間この地で余生を送り、
ここは北政所の最期の場所となりました。
そのころは、京都の紅葉のライトアップもなかったのではないでしょうか。

さて、圓徳院境内に洛市「ねね」は、ねねさまゆかりのある、
清水寺から祇園円山公園まで東山の歴史と文化の道を南北に石畳で結ぶ<ねねの道>
から、土塀をくぐって、ねねの小径の<あられこぼし>の路地を紅葉を見ながら
回りショッピングと散策をし秋の紅葉を楽しめるホットな場所です。

さて、京都の紅葉のライトアップの圓徳院の夜間特別拝観は
2013年10月20日、土曜日から2013年12月10日、月曜日までです。
圓徳院の拝観時間は、午前10時から午後9時30分受付終了で午後10時閉門です。

あきあかね色に染まる秋のたそがれのひと時をゆっくり過ごせます。




posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ高台寺?京都花灯路


鷲峰山、高台寺は、東山霊山(りょうぜん)の山麓の八坂法観寺の東北にあります。
正しくは高台寿聖禅寺というそうで、豊臣秀吉没後は、
その菩提を弔うために秀吉夫人の北政所ねねさまが出家して高台院湖月尼と号しています。

慶長11年(1606)開創したお寺であり、
寛永元年(1624)7月、建仁寺の三江和尚を開山者としてむかえ、高台寺となったそうです。
造営に時に、徳川家康はその時代の政治的配慮から多くの財政的援助を行なっそうです。
高台寺のライトアップ
さて、京都の紅葉のライトアップのお寺の1つとして高台寺は壮麗をきわめています。
現在旧持仏堂の開山堂、霊屋、傘亭、時雨亭、表門、観月台等が
国の重要文化財に指定されています。
秀吉と北政所を「霊屋(おたまや)」に祀り、北政所像の下はその墓所となっています。

須弥壇(しゅみだん)と厨子は華麗な蒔絵装飾が施され、
桃山美術を代表する「高台寺蒔絵」として知られています。
そして、京都の紅葉のライトアップのお寺の1つとして高台寺は
開山堂を中心に東西に広がる池庭は小堀遠州作と伝えられています。
尚、豊臣秀吉夫人(北政所)は天正16年(1588)に従一位に序せられ
慶長8年(1603)に後陽成天皇より高台院の号を賜り寛永元年(1624)9月6日、76才で亡くなられ
ています。

そして、京都の紅葉のライトアップのお寺の1つとして高台寺は、デートコースにぴったりの
秋の特別展及び夜間特別拝観をしています。
ライトアップ期間は10月20日(土曜日)から12月10日(月曜日)までです。
場所は高台寺で拝観時間は高台寺が午前9時から午後9時30分受付終了で
午後10時閉門です。
秋のたそがれ時を満喫できます。

posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万博公園の紅葉を楽しむ口コミ?2015京都花灯路


口コミでひろがる自然の森で有名な万博公園で紅葉を楽しむ。

万博公園は太陽の塔や日本庭園や自然文化園など
梅や桜や紅葉やポピーやハスやバラやコスモスやチューリップやルピナスやラベンダー
などの四季折々の花や植物を楽しむことができます。

10月は、コスモス、ヒガンバナ、ススキ、フヨウ、紅葉、ホトトギス、ホテイアオイ、
キンモクセイなどの花々が咲き秋のひと時を過ごせます。

10月13日・土曜日から11月4日・日曜日まで万博公園コスモスフェスタが
開催されています。
万博公園のイルミネーション
場所は万博公園内の自然文化園、花の丘で
7品種・約30万本の色とりどりのコスモスが丘一面に広がります。
青く澄んだ空と秋風にそよぐコスモスは見事です。
コスモスフェスタ期間中は、花の鑑賞のほかにも楽しいイベントがいっぱいです。

さて、紅葉の季節の金曜日限定無料プチプレゼントがあります。
万博公園コスモスフェスタ会期中の毎週金曜日限定で、各日先着200名様に球根をプレゼント
があります。
日時は、10月19日の金曜日12時30分〜15時30分で無くなり次第終了です。
10月26日の金曜日12時30分〜15時30分で無くなり次第終了です。
11月2日の金曜日12時30分〜15時30分で無くなり次第終了です。
尚、紅葉の秋の季節は晴天が多いですが、雨天でも決行です。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋晴の紅葉は箕面ドライブウェイが?2015京都花灯路


秋晴の紅葉は箕面ドライブウェイが素晴らしいです。
大阪市内から、それほど離れていないことを考えても、
山全体の紅葉が見れることは貴重だと思います。
その分、秋のシーズン中は人も多く、車は渋滞しますので、箕面駅から滝まで歩きがおすすめです。

さて、箕面ドライブウェイは箕面川の渓谷沿いを走る、大阪府道43号豊中亀岡線の一部です。

府道43号豊中亀岡線は、その名のとおり大阪府豊中市から京都府亀岡市までの道だが、
ここでは箕面川ダムから箕面市街までの間のみを箕面ドライブウェイといっています。

五月山ドライブウェイを北へ抜けてきて、府道4号茨木能勢線を経て、この道へ入ります。

箕面川に沿った渓谷を走っていく、黄色いセンターラインの2車線道です。
カーブが多いですが、山に紅葉が囲まれて雰囲気はいい道です。
22時〜5時はタクシーを除き自動車通行禁止及び2輪車通行禁止になっています。

府道4号から2キロほど南のところに、大日駐車場があり車を駐車します。
ここから歩いていくと数分で紅葉の箕面大滝を見物できます。
箕面の滝ライトアップ
駅から箕面大滝へ歩いて行くコースよりも車なので、早いです。

箕面山の紅葉の色づいてくるのももうすぐです。

この箕面公園周辺は、ハイキングコースで有名です。運動にはいいです。
また、東海自然歩道の西の起点となります。
明治の森箕面国定公園は大都市近郊にありながら豊かな自然が広がり、
紅葉と高さ33mの箕面大滝で有名です。
また、山々には自然観察やハイキングなどが楽しめる、自然研究路が設置されています。
阪急箕面駅には、もみじの足湯がオープンし、歩き疲れた足を癒してくれます。

また、箕面駅の、もみじの足湯は、駅構内に足湯施設のある九州旅客鉄道(由布院駅あし湯)
京福電気鉄道(嵐山温泉「駅の足湯」)と提携し、足湯三姉妹となっています。
入浴料金は、150円でオリジナルタオルがついてきます。


posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あかね色の紅葉なのに五月山ドライブウエイ料金は?2015京都花灯路


五月山ドライブウエイは、大阪府道9号箕面池田線から入れ
昭和33年に整備された歴史あるドライブウェイです。
箕面市から入る場合は大阪府道43号豊中亀岡線箕面市浄水場前交叉点
から入れます。
池田市から入る場合は五月山幹線道路の五月山公園前交叉点から入れ
、また、国道176号の池田駅東口交叉点から入れます。
秋の紅葉の季節は、チョット道路が混みますが、あかね色の時間帯は、
道路がすき始めます。

さて、五月山ドライブウエイの料金は、通行料金は300円です。
しかし、この料金は17:00まです。
なんと、17:00時から22:00時は無料なんです。
ドライブウェイは22:00以降通行禁止になっています。
また、料金所は池田側にしかないので箕面から入って引き返せば無料ですが、
紅葉の道のりは遠く夜間は電灯など少ないので車のエンストに注意です。
このことは、あまり知られていません。
五月山からの夜景
そして、入り口近くには、五月山公園総合案内所があり、近くには、
前回書いた紅葉で有名な五月山動物園があります。

秋の紅葉の季節にふさわし、ドライブウェイは、愛宕神社や日の丸展望台、
池田・箕面ゴルフ場などへ通じています。更に先は箕面・豊能高山へ通じています。
もみじなどの四季折々の自然がいっぱいの五月山を通る道ですので、
時には自然の動物鹿などと出会う事もありここが大阪とは思えません。
また、桜や紅葉などの季節には心地よい風と空気を求めて多くの人に
親しまれています。

池田市やその市民にとってのシンボル的存在でもある五月山ですが、
五月山はその枠を越えて、大阪府民や近隣の市町村住人の憩いの場ともなっています。
五月山は春夏秋冬と様々な表情を見せ、猪名川の清流とともに私たちを和ませてくれます。
また、山には秋のハイキングコース、動物園、ドライブウェイ、ゴルフ場、大広寺、緑のセンター
など多くの施設があり、レジャーなどの利用者にも親しまれています。
そして、大阪府でも有数の桜を有する五月山は、桜の季節ともなると、
近隣から多くの花見客が訪れて、大変賑わいます。
サツキツツジや紅葉の季節にも同様に賑わっています。

また、五月山の秀望台から車で数分程上った場所にある五月台からは、
川西市内を中心としたあかね色の紅葉などを望むことができます。
展望台には街灯が少なく、街灯も秀望台に比べて少ない為落ち着いた感じが出ています。
駐車場から近い割にはあまり人が来ないこっそり穴場スポットです。
秀望台、五月台、日の丸展望台などからは、大阪、兵庫までを一望できます。
特に秀望台からの夜景は絶景です。
また、五月山ドライブウエイ内の駐車場は、少ないですが無料です。
また、五月山の夜景スポットでは秀望台と日の丸展望台が有名です。
もみじのドライブウェイ内トイレ等は、何箇所かあります。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉の五月山公園内の割引料金は?2015京都花灯路


五月山動物園は、池田市五月山公園内にあります。
公園は、標高300メートルぐらいで日の丸展望台付近く程の比較的手軽な山の裾にあります。
ハイキング・ピクニック・桜見物・紅葉見物など、気軽なレジャーの場として多くの人で
にぎわっています。
また、公園の近くには、五月山体育館にプールもありす。都市緑化植物園や
池田城跡公園や児童文化センターにプラネタリウムもあります。
また、近くには猪名川もあり、新緑の紅葉や紅葉のもみじでレジャーには大変恵まれた環境です。

そんな中に五月山動物園はあり、池田市民を始めとして、大阪府下近隣から多くの人が訪れます。
紅葉の五月山動物園は、子供から大人まで親しまれています。
また、五月山動物園の広さ3,000平方メートルです。
五月山動物園
ウサギ・モルモット・マーラー・エミュー・ニワトリの飼育を始め、ふれあいコーナーなど
あり楽しいところです。
オーストラリアからやってきた
珍しいウォンバットやワラビーが居り、見どころもいっぱいです。
他ではあまり見る事ができないウォンバットですが、
生息地のオーストラリア以外での繁殖は殆ど例が無いのですが、
紅葉の五月山動物園では2世が誕生し、今も元気な姿が見れます。

さて、入園料金は、園内入場無料なんです。

そして、子供に人気のふれあい動物園は、身近かな動物にふれあえます。
そして、もみじ橋の近くのお手洗いには、親には助かる、ベビーベットまであります。

交通アクセスは、阪急池田駅から五月山公園・大広寺バス停で
五月山動物園まで阪急バスで210円です。
阪急池田駅から五月山動物園まで徒歩15分です。
そして、紅葉の季節にぴったりな、春と秋限定で無料巡回観光バスが運行されています。

車の場合は、阪神小花ICから176号線東へ西本町交差点を
北へ1つ目の信号を左突当りの信号を左へ三叉路を左へ行きます。
駐車場は、五月山第1駐車場 130台 第2駐車場 28台 第3駐車場 65台です。

きっと、紅葉の季節にもふさわしい五月山動物園に、家族や友達同士で、
のんびり・ゆっくりと一日をお楽しめます。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉でドライブの楽しみ方は?2015京都花灯路


さて、秋の季節は、もみじで有名な箕面川の渓谷沿いを走る、
府道43号豊中亀岡線の一部が箕面ドライブウェイと称うしています。
箕面駅近くに入り口があり、2キロほど走ったところの山の中に、大日駐車場があります。
この駐車場に車を駐車して、紅く燃える紅葉の道を歩いて5分ほどいくと
特に秋は燃えたつ紅葉に中に箕面大滝を見物することができます。

さて、そんな、箕面大滝の見物に車を停める駐車場は、利用料金は無料です。
四季を通じて多くの観光客で賑わう紅葉と大滝の美しさは人々を楽しませています。
大滝を見物したあとは、駐車場から箕面ドライブウェイを5分ほど走ると
西国二十三番札所の勝尾寺があります。
ここも、もみじで有名なお寺です。

そして、おすすめは、幻想的な世界へいざなう、お寺の特別夜間ライトアップです。
2013年の開催日時は、11月中の7日間です。
10日(土曜日) ・ 11日(日曜日) ・ 17日(土曜日) ・ 28日(日曜日)
23日(祝日) ・ 24日(土曜日) ・ 25日(日曜日)
開催時間は、日没〜午後7時30分 で閉門です。
勝尾寺のライトアップ
勝尾寺の紅葉は赤色のみならず、緑、黄、紫など数十色もの豊富な色彩でバリエーションに
富み大変珍しいです。
秋の夜長を紅葉色に染まる幻想的な空間をひと時のあいだ心を癒してくれます。
お寺の駐車場は、地下駐車場・山門前駐車場がありますが料金等がかかります。

お寺の山門のすぐ隣、参拝入口の中にあるお休み処「花の茶屋」で休憩ができます。
食事や喫茶のほか、参拝記念品も数多くあります。
そして、勝運のお寺としての有名で、お寺の中は勝運だるまが、そこかしこと、
いっぱい、あります。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉の2015年の予想は、何時ぐらいでしょう。京都花灯路


さて、紅葉の2013年の予想は、何時ぐらいでしょう。

紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある明治の森箕面国定公園内に瀧安寺や西江寺
があります。
関西随一の秋の紅葉の名所です。荘厳な箕面大滝と紅く燃えるもみじの織りなす姿は最高です。
箕面の紅葉の見頃は例年11月中旬から12月初旬頃です。

箕面観光ホテルと箕面スパーガーデン

阪急箕面駅を降りて、観光案内所で無料のパンフレット・無料をもらい、お土産屋さんで、もみじ饅頭を
たべながら歩き、
西江寺を観光し、箕面観光ホテルや箕面スパーガーデンで秋の紅葉を見ながら天然温泉に入り、
一の橋の近くの橋本亭でカフェを飲み、あきあかね色にそまる滝道をあるきながら
箕面公園昆虫館によります。

そして、紅く燃える紅葉の滝道を歩きつずけると、次は瀧安寺で一服です。
箕面の大滝まで、あと少し、歩くと、唐人戻岩まで徒歩約35分です。
あと、10分ぐらいで箕面大滝です。駅前から大滝まで徒歩約45分から50分ぐらいです。

さて、箕面大滝は、大都市近郊にありながら、自然の宝庫として、四季を通じて多くの観光客で賑わう明治の森箕面国定公園の紅葉と大滝の美しさは人々を魅了し続けています。
日本の滝百選に選ばれた落差33メートルの大滝で岸壁から水が一気に流れ落ちる様子は
とても壮大で水しぶきに陽があたり虹がきれいな箕面の滝です。
その流れ落ちる滝の姿が、農具の<箕>に似ていることから、箕面大滝と呼ばれるようになり、
地名の由来もここから来ていると言われています。
この滝は四季折々に応じて美しく変化しますが、特に秋は燃えたつ紅葉に、滝の音が冴えわたり、秋涼爽快、我を忘れるほどの凄さです。

また、大滝周辺には美しい自然が広がり、特に秋は燃え立つような真っ赤な紅葉が、より滝を美しく引き立てています。森箕面国定公園内にあるので売店以外の滝道散策は無料です。
また、大滝周辺は、7月中旬から9月初旬まで、日没から夜10時までライトアップさて紅葉と滝の
風景は最高です。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉で有名な寺社は瀧安寺にあり!2015京都花灯路


紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある瀧安寺です。
本堂の弁財天は水の神格で自然界の一神として水辺に祀られます。瀧安寺の弁財天は竹生島、江ノ島、厳島とともに四弁財天の一として知られ60年に一度開帳されます。

わたしも、いつか忘れましたが秋あかね色に染まるころ一度ご開帳に、偶然出会いました。ラッキー(笑)
もう、次回の60年に一度の開帳に出会うことはないでしょう。
この弁財天さんとの出会いが、あまり知られていない、のちのマイ都市伝説パワースポット
紅葉色に染まる高野山七弁財天に出会うきっかけになります。
高野山七弁財天はまた、別の機会に書きます。

さて、そんな秋あかね色に染まる瀧安寺は、現在の宝くじの起源である箕面山瀧安寺の富くじ、箕面富
があります。

箕面の瀧安寺のライトアップ

鎌倉時代に編集の夫木集にある藤原兼隆の歌を読むと、約950年前にはすでにその実があったとされます。
箕面富には身体健勝、家内安全、そして商売繁盛に強いご利益があり、福富とも呼ばれるほど、
その名声は広く響き渡って、非常にありがたいものとして多くの人々の求めるところとなっていそうです。
そして、
紅葉で有名な辨財天秋まつり箕面富は、古来より、身体健勝・商売繁盛に強いご利益があると世に知られた箕面富が、昨秋、古式に則り復活しています。毎年10月10日に辨財天秋祭り箕面富が行われています。
今年は、2012年10月10日水曜日に午前11時より開始で、午前9時より販売開始です。
紅葉色に染まる瀧安寺にてミニ大福守を1,000円で購入の方のみ無料で参加できます。

また、紅葉祭り、もみじまつり2013年11月1日〜11月30日、瀧安寺採灯大護摩供 2013年11月7日で問合せ先は箕面交通・観光案内所072-723-1885です。
宝くじの起源・瀧安寺の箕面富(みのおのとみ)は2012年10月10日で問合せ先は箕面富実行委員会事務局は箕面FMまちそだて(株)で問合せ先は072-724-5151です。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉で有名な大阪の寺は?2015京都花灯路


紅葉で有名な寺は大阪府箕面にある西江寺を訪れる。

大阪は箕面にある聖天宮西江寺(しょうてんぐう さいこうじ)は、役行者によって建立された大聖歓喜天霊場の根本道場です。
大黒天は阪急沿線「西国七福神」の一尊でもあります。境内では新緑のもみじ、秋の紅葉を楽しむことができ、冬は椿が美しい場所です。

紅葉を眺めながら電車を利用場合はJR大阪駅から阪急梅田駅へ徒歩で3分歩き阪急梅田駅から約30分阪急電車に乗り、阪急梅田駅(宝塚線急行)→石橋駅(箕面線)→箕面駅→箕面駅下車し徒歩5分のところにあります。
車の場合は、171号線牧落交差点を北へ約1キロです。

大黒天は古代インドではマハーカーラという暗黒に住み死を司る神で、現在の福々しい姿とはずいぶんと異なるものでした。仏教が伝わった時に神道の国造りの神である大国主命(おおくにぬしのみこと)と習合され、その後少しずつ変貌して古い時代には戦闘神、そして台所の神として信仰されています。
紅葉で有名な西江寺に祀られる大黒天は室町時代中期の作と伝えられ、頭に鳥帽子を冠して左肩に大袋を背負い右手に打ち出の小槌を持つ姿で、日本ではめずらしい立像大黒天です。阪急沿線「西国七福神」の一尊でもあります。

箕面の西江寺

西国七福神とは1.萩の寺(毘沙門天):曽根駅 2.円満寺(福禄寿):蛍池駅3. 呉服神社(恵比寿):池田駅4. 中山観音(寿老人):中山駅5.清荒神(布袋尊):清荒神駅6.西江寺(大黒天):箕面駅
7.瀧安寺(弁財天):箕面駅のことです。

さて、時折、阪急沿線西国七福神 福めぐり巡礼ウオークなど、西国七福神大福帳を上記社寺、および阪急梅田駅(3階西)、豊中駅、川西能勢口駅の各ごあんないカウンターで購入して各社寺にて参拝印(朱印料各300円)を受け、その場で「ミニ七福神人形」を無料でもらい、全部集めて阪急梅田駅(3階西)、豊中駅、川西能勢口駅の各ごあんないカウンターに行き、ミニチュア電車を無料でもらえます。
紅葉で有名な寺社をハイキングするのもいいです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。