スポンサードリンク
   


京都の紅葉のライトアップは2015いつ貴船もみじ灯篭?京都花灯路


さて、京都の紅葉のライトアップの貴船もみじ灯篭にいくアクセスは、
JR東海道線 ・JR新幹線でいく場合は、
JR京都駅→JR奈良線→ 京阪電車→叡山電車→京都バス→貴船
JR京都駅からJR奈良線に乗り換えます。
1.JR奈良線(普通電車)に乗り換え次の駅「東福寺」駅下車です。
約3分/140円
2.すぐ隣の京阪電車「東福寺」駅から出町柳行にて「出町柳」駅下車です。
約12分/260円
3.叡山電鉄「出町柳」駅から鞍馬行きにて「貴船口」駅下車です。
約27分/410円
4.京都バス「貴船口駅前」から貴船行きに乗り換え「貴船」臨時バス停下車です。
約4分/160円
京都の紅葉のライトアップ貴船もみじ灯篭到着です。

JR京都駅前からバスに乗り換えでいく場合は、
JR京都駅→バス→叡山電車→京都バス→貴船
1.烏丸出口からバスに乗り換えです。
京都市バスの場合、(バスA2のりば)から
4系統[深泥池・上賀茂神社]ゆきまたは17系統[銀閣寺・錦林車庫]ゆきにて「出町柳駅前」下車です。
京都バスの場合、(バスA3のりば)から
17系統[大原]ゆきにて「出町柳駅」下車です。
約25分/220円
2.叡山電鉄「出町柳」駅から鞍馬行きにて「貴船口」駅下車です。
約27分/410円
京都の紅葉のライトアップ貴船もみじ灯篭到着です。

阪急電車ででいく場合は、
阪急電車(河原町駅)→京阪電車→叡山電車→京都バス→貴船
1.阪急電車「河原町」駅下車。電車の進行方向一番奥の出口から地上へでます。
2.鴨川(四条大橋)を渡ってすぐの京阪電車「祇園四条」駅から出町柳行にて「出町柳」駅下車です。
約8分/210円
3.叡山電鉄「出町柳」駅から鞍馬行きにて「貴船口」駅下車です。
約27分/410円
4.京都バス「貴船口駅前」から貴船行きに乗り換え「貴船」臨時バス停下車です。
約4分/160円
京都の紅葉のライトアップ貴船もみじ灯篭到着です。


まず、叡山電車の車窓から眺める紅葉のライトアップは、市原駅から〜二ノ瀬駅間は、
「もみじのトンネル」でとても幻想的な世界です。
11月10日(土)〜11月30日(金)、期間中はこの名所をライトアップします。

また、もみじのトンネルを通過する際には、車内灯が消え、
ゆっくり走行します。21時頃までです。
この他にも、二ノ瀬駅や貴船口駅のもみじもライトアップします。
車窓から眺める幻想的な紅葉のライトアップをお楽しみ下さい。
もみじのトンネル
また、貴船神社の本宮や結社や奥宮の境内では紅葉をライトアップしています。
境内を淡い光に照らされて彩る紅葉が、社殿と共に浮かび上がり別世界にいざないます。
奥宮までの参道は「恋の道」とも呼ばれています。
もみじが誘う、縁結びの恋の道は、デートカップルにはいいです。

期間中の土、日、祝日を中心に貴船神社などでライブイベントが行われいます。
貴船神社の近くには、食事などできるお店も多くあります。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、貴船もみじ灯篭ライトアップ2012の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月10日(土)〜11月30日(金)です。

拝観料金は、無料で参拝自由です。
紅葉のライトアップは、夕ぐれごろ、から午後9時ごろまでです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ雲龍院?京都花灯路


さて、京都の紅葉のライトアップの雲龍院にいくアクセスは、
京都駅の八条口から、タクシーで約5分で到着です。
京都駅の烏丸口から、京都市バス208号系統で泉涌寺道バス停で下車して
徒歩約10分到着です。
JR奈良線の東福寺駅で下車してから徒歩13分で到着です。
京阪電車で七条駅から京都市バス208号系統で泉涌寺道バス停で下車して
徒歩約10分到着です。
京阪電車で四条駅から京都市バス207号系統で泉涌寺道バス停で下車して
徒歩約10分到着です。
京阪電車で東福寺駅から京都市バス、東福寺バス停より202号系統・207号系統・208号系統で
乗車し、次の泉涌寺道バス停で下車して徒歩約数分到着です。
車の場合は、国道1号東山五条交差点を南へ、
東山通りの泉涌寺道交差点を左折し九条通りから東山通りへ、
泉涌寺道交差点を右折すると雲龍院です。
駐車スペースが少ないので公共交通機関がおすすめです。

まず、秋の京都の紅葉のライトアップ期間が短いので早めに検討されたほうがいいです。
期間は、2013年11月17日(土)〜11月25日(日)です。
Flower1-007.jpg
そして、京都東山にある雲龍院の玄関正面の雲龍図は、圧巻です。
美しい紅葉と相まって昼間とは全く違う風情を醸し出しています。
雲龍図の右手の部屋からの眺めるライトアップで映し出された京都の紅葉は、幻想的です。
本堂裏の坪庭の灯りもとても、雰囲気があります。
本殿前の勅使門や本堂、龍華殿の回路や客殿前の庭園は、秋の紅葉など
幻想的な光景が見られます。

また、報道ステーションの中継があるぐらい、秋の京都の紅葉のライトアップの名勝の
1つとして雲龍院はあきあかね色の紅葉は、デートスポットです。
人の少ない時は、ゆ〜っくりと散策でき、雰囲気を味わえます。

また、泉涌寺境内から続く行灯の路を歩いていきまと、
暗闇の中で、行灯の明りが心強い道標になってくれます。
灯りの路の先に雲龍院が見えてきて、行灯が続く参道を歩き境内に入ります。
泉涌寺のライトアップと合わせ、雲龍院のライトアップも行われています。
昼間とはうってかわって荘厳な雰囲気に包まれています。
行灯の列の奥に雲龍院の本堂が淡い光に照らされています。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、雲龍院ライトアップ2012の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月17日(土)〜11月25日(日)です。
開所時間は、午後6時〜午後8時30分で受付終了です。閉門は、午後9時です。
夜間拝観料金は、500円です。
また、秋の特別拝観の
期間は、2013年11月17日(土)〜12月9日(日)です。
開所時間は、午前9時〜午後4時30分で受付終了です。閉門は、午後5時です。
拝観料金は、500円です。
おぶけ茶席は、1,000円 お抹茶は、500円です。
なお、雲龍院境内拝観は本山泉涌寺拝観料とは別料金になります。

posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ大覚寺?京都花灯路


京都の紅葉のライトアップの大覚寺にいくアクセスは、
阪急嵐山線に乗り、嵐山駅で下車して徒歩約35分で大覚寺に到着です。
または、嵐電に乗り、嵐山駅で下車して徒歩約23分で旧嵯峨御所、大覚寺に到着です。
嵐電に乗り、嵐電嵯峨駅で下車して徒歩約約20分で大覚寺に到着です。
JR京都駅からJR山陰本線に乗り、嵯峨嵐山駅の出入口2より下車して徒歩約17分で大覚寺に到着です。

まず、車での、大覚寺にいくには、夜間ライトアップの期間中は駐車場が十分にないので
電車やバスを利用するほうがいいです。
そこで、京阪電車の嵐山・東山1dayチケットがおトクなチケットでアクセスできます。
秋の京都の人気観光地スポットをお得に散策できる電車が旅できます。
有効区間は、下記です。
京阪電車は、乗車駅〜伏見稲荷駅の往復です。
伏見稲荷駅〜出町柳駅は乗り降り自由です。
阪急電鉄は、河原町駅〜桂駅〜嵐山駅は乗り降り自由です。
嵐電は、嵐山本線、北野線、全線、乗り降り自由です。
京阪・阪急・嵐電の指定区間が1日中乗り放題で嵐山・東山1dayチケットがあれば、
例えば夕方から嵐山エリアを満喫して、午前中からお昼までは京都東山エリアに移動して
京都の紅葉のライトアップを楽しむこともできます。

京都の紅葉のライトアップの大覚寺は、真紅の水鏡、夜間特別拝観があります。
風が穏やかな、鏡のようになった大沢池に風景が映りこみ、
吸い込まれてしまいそうな、たいへん幻想的な光景が見られます。
大覚寺のライトアップ
通常の拝観コースはフェンスがしてあって入れなくしてあります。受付は大沢池の入口にあります。
そして、放生池より心経宝塔を望みます。
放生池に映る心経宝塔が素敵です。ここではカメラ撮る人が多いです。
道幅が狭いので、カメラの三脚は、土・日・祝は三脚禁止と立て看板があります。
少し進めば天神島に通ずる朱塗りの橋があります。天神島には行けません、フェンスがあります。
京都の紅葉のライトアップの並木を、少し進むと、名古曽の滝から大沢池西岸へ行き、
そこから大沢池よりライトアップされた心経宝塔もいいです。
大覚寺の夜間拝観に行った際には、特別に開いている本堂へ行くのもおすすめです。

大覚寺の境内は紅葉が見ごろで、楓のトンネルも色づいています。
回廊が迷路のように続き、五大堂・御影堂・宸殿などの拝観も、
夜ならではの王朝の雰囲気が増すように感じます。
なお、この小刻みに曲がる大覚寺の廊下は村雨の廊下と呼ばれ、床の曲がりを稲妻にしたて、
柱を降る雨に見立てています。

さて、京都の大覚寺のライトアップは、鏡のような大沢池に映りこむライトアップ風景には、
吸い込まれそうになります。
それもそのはずです。大覚寺の方によると毎年一人は落ちる方がいらっしゃるようです。
フェンスがありませんので、写真撮影などに夢中になっていると、
確かに落ちてしまいそうです。
もしかして、昔の人も見られたとすれば、そこに神秘的なものを感じたに違いないことでしょう。.
でも、それほどに美しい京都の紅葉のライトアップの大覚寺です。
暗がりを足元のライトが照らしています。
こうしたライトアップは今の人々だから見ることができるのです。
秋の満月の輝く風の穏やか月夜には、同じような光景を昔の人も見ることができたのかと、
想像が膨らみ縁の時代えといざないます。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、大覚寺ライトアップ2013の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月9日(金)〜2012年12月9日(日)まで
開所時間は、午後5時30分〜午後8時30分で午後8時受付終了です。
拝観は、昼夜入替制です。
拝観料金は、大人500円で小中高生は300円です。
通常の拝観料に含む(拝観料 大人500円・小中高生300円)

京都の大覚寺の近くの観光スポットは、法輪寺、天龍寺、嵐山渡月橋、大河内山荘、
常寂光寺、嵐山落柿舎、二尊院、滝口寺、祇王寺、化野念仏寺、清涼寺、
宝筺院、直指庵、鈴虫寺、広沢池、千代の古道などがあります。

秋の京都の紅葉のライトアップの名勝の1つとして大覚寺は
あきあかね色の紅葉は、人気のデートスポットです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ天得院?京都花灯路


京都の紅葉のライトアップの天得院にいくアクセスは、
JR奈良線に乗り、東福寺駅で下車して徒歩約7分で天得院に到着です。
または、京阪本線に乗り、東福寺駅で下車して徒歩約7分で天得院に到着です。
京都市バスで東福寺バス停で下車、して徒歩約5分で天得院に到着です。

東福寺の敷地内にあるお寺で、桔梗の花でよく知られています。
桔梗の庭で知られる天得院は、初夏と紅葉の頃にだけ公開されるお寺です。

東福寺の隠れた人気デートスポットの天得院で、特別拝観が行われます。
桃山時代の作庭とされる美しい紅葉と、杉苔に覆われた枯山水庭園の緑との
コントラストで京都の秋の紅葉の景観が楽しめます。
秋の夜には、庭園が照明でライトアップされ、東福寺参道もライトアップの照明で紅葉が映し出されます。
11月初めにはツワブキの花を愛でながら、精進料理も味わえます。

天得院は東福寺塔頭の寺院です。
まず、東福寺天得院は京都の紅葉の時期にはライトアップがあるのですが、
昼夜の入れ替えがないのです。
明るい時間の天得院と紅葉のライトアップの天得院の両方が楽しめ、
ゆっくりと休憩するという感じです。

秋は紅葉を愛でる特別拝観が行われ、ライトアップも行われます。
天得院のライトアップ
まず、臥雲橋に立ってみます。暗闇の中でじっと眺めていたら、
月灯りの下でかすかに通天橋と広がる紅葉を見ることができます。
書院前には、桃山時代に作られた枯山水の庭園が広がっています。

庭園には、杉苔に覆われ、初夏は桔梗が咲き誇り、秋は紅葉に彩られています。
受付をして書院に上がると、ライトアップされた幻想的な風景が飛び込んできます。
秋の晴れた夜空にはちょうどお月様が見えます。

書院の廊下の奥を見ると、釣り鐘型の風情ある花頭窓があります。
その花頭窓の向こうにある西庭の切り取った秋の紅葉のライトアップされた風景が見えます。
そして、石灯籠が、降りかかるもみじに彩られています。
秋の風情ある光景に、訪れた皆さんがこの窓の前で記念撮影をされます。

そして、西庭の見える縁側に出ると、緑の杉苔の上の石灯籠と紅葉のコントラストが
美しく漂います。
また、南庭を眺めますと、紅葉と山茶花に彩られた庭園が優しい灯りに照らされています。

そんな、静かな時間の中で、閑雅な風情の苔庭を彩る紅葉を愛でることができましす。
京都の紅葉のライトアップの夜は静かな雰囲気が味わえます。
闇に浮かぶ燃えるような紅葉を、愛でてみてはいかがでしょう。

この、天得院は4月は緑の御衣黄桜とキリシマツツジ、5月はさつき、
6月から7月と10月から11月には桔梗、7月と9月に二度咲きの萩、
9月には白の彼岸花、11月には紅葉とツワブキを楽しめると、
いただいたしおりに書いてあります。

なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、天得院ライトアップ2013の夜間特別拝観の
期間は、2013年11月16日(金)〜2013年12月9日(日)で
開所時間は、10時〜21時で20時30分受付終了です。
京都の紅葉のライトアップは日没後です。
拝観料は、大人(高校生以上)500円 小人300円(中・高生) 小学生以下無料です。
紅葉膳3,000円は、昼の11時〜14時のみで要予約です。
お抹茶は500円で昼夜終日で、お菓子付です。

天得院の近くの観光スポットは、芬陀院、東福寺、霊雲院、正覚庵、
光明院、勝林寺、雲龍院、即成院、泉涌寺、新熊野神社、今熊野観音寺などがあります。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ永観堂?京都花灯路


京都の紅葉のライトアップの永観堂に行くには、
JR、京阪電車、地下鉄から京都市バスを利用します。

・JR京都駅から京都市バス5系統で南禅寺永観堂道バス停で下車して徒歩約3分です。
・JR京都駅から京都市バス100系統で東天王町バス停で下車して徒歩約8分です。
・地下鉄烏丸線の京都駅から、烏丸御池駅にて地下鉄東西線六地蔵方面行き乗り換え
蹴上駅で下車して徒歩約15分です。
・京阪電車の三条駅から京都市バス5系統で南禅寺永観堂道バス停で下車して徒歩約3分です。
・京阪電車の丸太町駅から京都市バス204、93系統で東天王町バス停で下車して徒歩約8分です。

そして、京都の紅葉のライトアップの永観堂やその周辺の
平安神宮、京都市美術館、南禅寺、哲学の道、祇園、八坂神社、円山公園
などデートや散策するには、車ですかね。
宿泊するには、近くに旅館、ペンション、ホテル、京町家ゲストハウスなどあります。
永観堂のライトアップ
また、車で行く時は、京都市の公営駐車場の岡崎公園駐車場に
車を止めるのが一番近いです。
駐車料金は、普通車最初の1時間まで500円で以降30分迄毎に200円ですが
一泊の場合は22:30時から7:30時まで700円です。

さて、永観堂は、古今集の歌に、平安時代初期に、永観堂、禅林寺を創建された
弘法大師の弟子真紹僧都の徳を慕って、自分の別荘を寄進した藤原関雄の詠んだ歌です。
幾多の文化人達の筆や口にもてはやされ、親しまれて、
紅葉のもみじの永観堂として千百有余年のかがやかしい歴史がある京都有数の名勝です。
そのお寺で、京都の紅葉のライトアップの夜間拝観があります。

夜間拝観のライトアップ開催期間は2013年11月11日(日曜日)から2013年12月5日(水曜日)
までです。
拝観時間は午後5時30分から午後20時30分で受け付け終了です。

京都の紅葉のライトアップの名勝の1つとして永観堂は、もえる秋の、あきあかね色の紅葉スポットです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ神護寺?京都花灯路


神護寺の、もえる秋の京都の紅葉のライトアップを楽しむには、
電車、バスで行く方法と車で行く方法があります。

・車で行く方法は
有料道路の京都の美しい紅葉が一望できる嵐山高雄パークウエイがあります。また、
嵐山近くから国道162号線、別名は周山街道を北上して福王子交差点から京北高雄方向へ約6km
で秋の神護寺に到着します。

・公共交通機関行く方法は
JR京都駅か地下鉄烏丸線京都駅からJRバスで高雄・京北線にて約50分で山城高雄バス停で下車
して徒歩約20分で秋の京都の紅葉のライトアップを楽しめる神護寺に到着します。
阪急京都線烏丸駅または地下鉄烏丸線四条駅から京都市バス8号系統に乗り約45分ぐらい
で高雄バス停を下車して徒歩約20分で秋の京都の紅葉のライトアップを楽しめる神護寺に到着します。

まず、神護寺参道の高雄橋の紅葉のライトアップが目に入ります。
そして、参道の灯籠や指月橋や硯石亭付近も紅葉のライトアップはおすすめです。
神護寺参道登り口から神護寺境内を散策し金堂の階段の
紅葉のライトアップは圧巻です。
神護寺のライトアップ
そして、京都の紅葉のライトアップのお寺の1つとして神護寺は、デートコースにもいいですし、
秋の特別展及び夜間特別拝観をしています。

金堂夜間拝観と境内の京都の紅葉のライトアップ期間は
2013年11月1日(木曜日)から2012年11月18日(日曜日)までです。
拝観時間は17:00時〜19:00時で紅葉の参道は20:00までです。
拝観料は800円です。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ比叡山延暦寺?京都花灯路


比叡山延暦寺の、もえる秋の京都の紅葉のライトアップを楽しむには、
電車、バスで行く方法と車で行く方法があります。

まず、比叡山延暦寺に電車、バスで行く場合は、3ルートがあります。

・JR線と坂本ケーブルを利用し
JR京都駅からJR湖西線で比叡山坂本駅で下車し江若バスで坂本ケーブル行きに乗車し
ケーブル坂本駅で下車し坂本ケーブル乗車し延暦寺駅に到着し約徒歩8分で
秋の京都の紅葉のライトアップを楽しめる比叡山延暦寺に到着です。

・京阪電車と坂本ケーブルを利用し
京阪三条から京津線に乗車し浜大津にて石坂線に乗り坂本行きに乗車し坂本駅下車し
江若バスで坂本ケーブル行きに乗車しケーブル坂本駅で下車し坂本ケーブル乗車し
延暦寺駅に到着し約徒歩8分で秋の京都の紅葉のライトアップを楽しめる比叡山延暦寺に到着です。

・京阪電車と叡山電鉄よ八瀬ケーブル利用し
京阪電車出町柳駅より叡山電鉄で八瀬行きに乗車して八瀬駅に到着し八瀬ケーブル
に乗りロープウェイで比叡山頂に到着してバスに乗車して延暦寺バスセンター下車し
約徒歩5分で秋の京都の紅葉のライトアップを楽しめる比叡山延暦寺に到着です。
比叡山延暦寺のライトアップ
さて、京阪バスにて比叡山内1日フリー乗車券という便利でお得な乗車券が発売されています。
料金は、大人800円、小児400円です。
特典として、比叡山延暦寺巡拝割引券やガーデンミュージアム比叡入園割引券が付いています。
もえる秋の山、比叡山が楽しめます。

そして、比叡山延暦寺に車で行く場合は、4ルートがあります。

・大阪・名古屋方面よりいく場合は
名神高速道路の京都東I.Cより西大津バイパス(R161)にはいり近江神宮I.C出口で山中越え
して田の谷峠ゲートより比叡山ドライブウェイにはいります。
名神高速道路の京都東I.Cより西大津バイパス(R161)にはいり仰木I.C出口で仰木ゲートより
奥比叡ドライブウェイにはいります。
京都の秋の紅葉を見ながらのドライブもいいですね。

・京都市内よりいく場合は
白川通の北白川別当町交差点より山中越えして田の谷峠ゲートより比叡山ドライブウェイにはいります。
五条バイパスより西大津バイパス(R161)にはいり近江神宮I.C出口で山中越えして田の谷峠ゲートより
比叡山ドライブウェイにはいります。
五条バイパスより西大津バイパス(R161)にはいり仰木I.C出口で仰木ゲートより奥比叡ドライブウェイ
にはいります。
京都の秋の紅葉を見ながらのドライブもいいです。

・琵琶湖大橋方面よりいく場合は
琵琶湖大橋よりR161琵琶湖大橋交差点大津方面へはいりR161仰木口交差点で比叡山方面へはいり
仰木ゲートより奥比叡ドライブウェイにはいります。

大原三千院方面よりいく場合は
R367北上より途中トンネルからR477堅田方面へ行き湖西道路の真野I.Cより京都方面へ
はいり仰木I.C出口から仰木ゲートより奥比叡ドライブウェイにはいります。
秋の京都の紅葉のライトアップを楽しむひと時がすごせます。

そして、比叡山・奥比叡ドライブウェイ内の駐車料金は無料となっています。


秋の京都の紅葉のライトアップ開催日は、 9月30日(日曜日)
10月 5日(金曜日)、10 月6日(土曜日)、10月7日(日)、10月8日(祝・月)、10月12日(金)、
10月13日(土)、10月14日(日)、10月 19日(金)から11月25日(日)の毎日です。
秋の京都の紅葉のライトアップ夜間冥加料は、大人1000円、中高生600円、小学生以下無料です。
受付時間は、17 時から20時30分です。比叡山延暦寺の根本中堂は18時開堂で21時閉堂です。

秋の京都の紅葉のライトアップの名勝の1つとして比叡山延暦寺は
あきあかね色の紅葉スポットは、デートコースです。


posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ宝泉院?京都花灯路


宝泉院へのアクセスは、京都駅から京都バス17番・18番を利用して、所要時間は約65分です。
地下鉄、国際会館駅から京都バス19番で約25分です。
京阪電鉄、出町柳駅から京都バス17番で約30分です。
叡山電鉄、八瀬駅から京都バス17番・18番・19番で約15分です。
京都の紅葉のもみじなどのライトアップを見ながらのドライブも素敵です。
そして、宝泉院の手前にある駐車場は、<夜灯り>の開催時のみ無料にて使用できが
駐車台数が少なく専用駐車場がありませんので近隣の民営駐車場の利用になります。

さて、秋の宝泉院の見所は、
額縁の庭園は客殿の西方、柱と柱の空間を額に見たてて観賞し
竹林の間より大原の里の京都の紅葉の風情を満喫でます。
庭の名前は盤桓園と称し、ばんかん、立ち去りがたいの意味です。
鶴亀庭園は江戸中期に作られ、部屋から格子ごしに秋の庭をみて
池の形が鶴、築山が亀、山茶花の古木を蓬莱山とみる名園なのです。
宝泉院のライトアップ
樹齢300年の沙羅双樹がたたずんでいるのは壮観です。
五葉の松は、近江富士を型どる樹齢700年の五葉松で、京都市指定の天然記念物に指定されています。
京都市内にある3つの著名な松の一つです。
京都の紅葉の宝楽園は、宝泉院境内南側の低地にある庭で、心の内なる広大な世界を
岩組や、樹花や、白砂などをもって表わし美しく宝の如く京都の紅葉のもみじなど
のライトアップにふさはしい庭園です。

そして、秋の夜は暗いので懐中電灯など持参されるのがいいと思います。
秋の夜灯りの大原の宝泉院の、
京都の紅葉のライトアップの開催期間は2013年11月3日土曜日から2013年12月2日日曜日までです。
時間は、17:45時に開門で21:00時に閉門です。拝観受付終了は20:45時です。
拝観料は一般が800円で中・高校生は700円です。
グループや同好会などの団体割引は20名以上で100円割引です。

また、デートコースの1つで、宝泉院の京都の紅葉のライトアップの開催期間中の2013年11月10日
土曜日は、開演18時15分より、二胡演奏があり中国民族楽器を演奏するデュオで
中国民謡のほか、日本の童謡や唱歌など懐かしい曲を演奏されます。

また、宝泉院の京都の紅葉のライトアップの開催期間中の
2013年11月25日日曜日は、開演18時15分より、聖音の調べがあり
<SMT♡エンジェルチャイマーズ&KAZUKO☆>
歌・ピアノ・フルートのトリオと、トーンチャイムという楽器を使って演奏する女学生の音楽グループ
でクラッシックや日本の秋にふさわしい曲が演奏されます。

京都の紅葉のライトアップの名勝の1つとして宝泉院は、あきあかね色の口コミスポットです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ将軍塚大日堂庭園・展望台?京都花灯路


将軍塚大日堂庭園・展望台は、秋は一面を真っ赤に染める紅葉をライトアップし
春は藤、サツキ、しゃくなげ、染井吉野、垂れ桜、山桜、変わり咲き桃など
春爛漫の花の饗宴あります。
比叡山から大阪方面まで広がる壮大な夜景は京都の紅葉のライトアップ
名勝で有名なスポットです。

さて、将軍塚大日堂庭園・展望台は青蓮院門跡から車で10分ぐらいのところに、
あり、京都の紅葉の季節のドライブもいいです。

京都の紅葉のもみじなど見ながら東山ドライブウエーを車で行くと東山山頂にある将軍塚大日堂
があります。
駐車場は、公営の無料の駐車場がありますが、20台ぐらい駐車できます。

将軍塚大日堂庭園の展望台が2ヶ所あります。京都の紅葉を眼下に京都市内を一望できます。
手前にある公営駐車場先からの展望では充分見えませんので展望台がおすすめスポットです。
中央を流れる鴨川の流れ、比叡山から北山、西山の山々など、東山三十六峰を感じる京都は
京都盆地の東に見える緩やかな山の稜線で、南禅寺周辺から銀閣寺方面は、その道中で「
東山三十六峰」の存在を感じながら京都の紅葉のライトアップの名勝歩いてみましょう。
将軍塚大日堂庭園のライトアップ
京都盆地全体が大きな扇状地で水盆の形をしており、琵琶湖の大きさににほぼ同じで、
京都盆地が大パノラマとなって広がります。
あたかも京都の紅葉を空中散歩をしているような感じです。
散策を楽しめる広々とした庭園では、桜、桃、藤、サツキなど春の花が4月から5月まで楽しめます。
秋は一面を真っ赤に染める紅葉が楽しめます。
桓武天皇平安京造営時に、都の安泰を念じて将軍の像を埋めた大きな将軍塚が境内にあり
デートコースとして、京都の紅葉のライトアップ時期には見所で、将軍塚の地名はこの塚のことなんです。

そして、将軍塚大日堂庭園・展望台は通常は、夕方5時にしまります。
京都の紅葉のライトアップの季節は、平日がおすすめです。

開催期間は、2013年10月27日土曜日から2013年12月9日日曜日までです。
開催時間は、17:00時から21:30で21:00時に受付は終了です。
拝観料金は、個人は大人500円で中高生400円で小学生200円です。
グループや同好会などの団体で30名以上は大人450円で高校生350円で中学生300円で
小学生100円と割引料金になっています。

京都の紅葉のライトアップの名勝の1つとして将軍塚大日堂庭園や展望台は平日
あきあかね色の穴場スポットです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都の紅葉のライトアップは2015いつ青蓮院門跡?京都花灯路


青蓮院門跡は、京都の中でも有名寺社や史跡、名勝が多く観光地としても有名な東山にあります。
八坂神社から徒歩10分、知恩院の北隣にあり、
門跡寺院特有の御殿のような京都の紅葉のライトアップで上品に優しい雰囲気
をただよはせています。

青蓮院門跡へのアクセスは、地下鉄東西線・京阪京津線、東山駅を下車して
徒歩5分のところにあります。
また、京都市営バス、神宮道バス停より下車して徒歩3分のところに
あります。
秋の紅葉の季節には、四条大橋より八坂神社から円山公園をまわり
知恩院を散策しながら神宮通を散歩しながら門前の大楠を目印に青蓮院門跡
へと行くのも京都の紅葉のライトアップで有名なお寺にうかがうのも散策コースの
いとつです。
青蓮院門跡のライトアップ
さて、そんな青蓮院門跡では、紅葉のもみじが見どころです。
そして、京都の紅葉のライトアップがされるので
しっかりとそのポイントおさえておきましょう。

まず、毎年春と秋に、夜の特別拝観、ライトアップが開催されます。
青蓮院門跡の境内全域をあますところなくライトアップされています。
諸堂の内部を拝観できます。
そして、ライトアップされた庭園を散策できます。

境内の漆黒に浮かんでは消える花々や木々の幽玄の世界です。
光の中で雄大なパワーを感じる天然記念物のクスノキ5本も壮大で
青くライトアップされる光は静清な一面の竹林や苔庭の海に浮かぶ輝きは
美しい光のコントラストが映し出され素敵で神秘的す。
京都の紅葉の夜空にライトアップされる輝きは光のたばとなって昇り上がり
幻想的で、身もこころも清清しく感じます。

京都の紅葉の青蓮院門跡の夜間特別拝観ライトアップのデートコースの開催期間は
2013年10月27日の土曜日から2013年12月9日日曜日までです。
開催時間は18:00時から22:00時で21:30分に受付終了になっています。
昼夜入れ替え制となっていますのであきあかね色の時間帯入れ替えになります。
拝観料金は、個人の大人は800円で小中高生は400円です。
グループや同好会などの団体で30名以上は大人700円で小中高生300円で
割引になっています。

posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。