スポンサードリンク
   


京都の紅葉のライトアップは2015いつ醍醐寺?京都花灯路


さて、京都の紅葉のライトアップの醍醐寺にいくアクセスは、

JRでいく場合は、
JR奈良線・六地蔵駅や、京阪六地蔵駅で下車して地下鉄東西線に乗り換え、
約4分乗車して「醍醐駅」で下車して。2番出口より東に徒歩10分で、
世界遺産、醍醐寺の紅葉のライトアップに到着です。
JR京都駅から、JR東海道線または琵琶湖線約5分で山科駅して、
京都市営地下鉄東西線に乗り換え、約8分の「醍醐駅」で下車して、
2番出口より東に徒歩10分で、世界遺産、醍醐寺の紅葉のライトアップに到着です。

車でいく場合は、
名神高速道路京都東インターより下車して、五条方面に向かって
奈良街道に入り、醍醐方面に進むと所要時間は、約20分で、
世界遺産、醍醐寺の紅葉のライトアップに到着です。

また、京都駅から醍醐寺まで、京都駅八条口(ホテル京阪前)から醍醐寺まで
京阪バスの山科急行にのり、乗り換えなしで約30分で、
世界遺産、醍醐寺の紅葉のライトアップに到着です。
バス料金は、大人300円 小児150円です。

醍醐寺のライトアップ

世界遺産、醍醐寺のライトアップは、
あきあかね色の夕暮れに、ライトアップに照らされると心象は一変します。
幻想的な景色を思い切り楽しみます。
山門の仁王さんの前で並んで入場し、国宝の金堂を参拝して
隣の五重塔を拝観し、赤門を入って祖師堂に参拝してから
お目当ての弁天堂前のライトアップにいきます。
幽玄の極みで、極楽を模した庭園だそうです。
醍醐寺のライトアップは、夕暮れより夜のライトアップで一層感銘が深です。
多くの参拝者もここにきて、よかった、の感嘆の声をあげています。


なお、秋の京都の紅葉のライトアップ開催日及び、世界遺産、醍醐寺
2013の秋期夜間拝観の期間は、11月17日(土)〜12月9日(日)です。
拝観時間は、午後6時〜午後8時50分です。午後8時10分で受付終了です。
拝観場所は、醍醐寺 下伽藍(金堂、五重塔、林泉、無量寿苑)です。
拝観料は、1000円です。
世界遺産、醍醐寺の紅葉のライトアップは、
夕ぐれごろ、から午後8時50分ごろまでです。
posted by bibirion at | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FXプライム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。